今話題のネットビジネス、フリーランスで成功する方法とは?

2 min 5 views
イッサP

イッサP

音楽プロデューサー

・RoNi Projectの代表

・RoNiの音楽プロデューサー

・繊維製品品質管理士

・ブログで数万円稼いでいる

FOLLOW

会社に出社せず家で仕事をするフリーランス。

会社に行く時間も短縮できますし、何より自由な時間が多いのが特徴です。

でも、儲からないとハイリスク。なかなかリスキーな仕事でもあるのです。

今回はそんなフリーランスの仕事について詳しく見ていきましょう!

おすすめ記事

フリーランスとは?

フリーランス労働者は自営業者であり、特定の雇用主に長期的にコミットする必要がない人に一般的に使用される用語です。

フリーランス=自営業ということですね。

区分的には農家や自営業の八百屋などと同じ区分というとわかりやすいかもしれません。

起業に雇用されていないので、労働基準法などの労働規定が適用されないので、最低賃金や労働時間、休日、有給などの規定は対象外になります。

どんな仕事があるの?

一言でフリーランスと言っても、様々な業種があります。

では、どんな業種があるのか見ていきましょう!

フリーライター

ライターと言えば、出版社や新聞社から依頼されて記事を書くといったイメージが強いかもしれません。

しかし、ライター側から企業や個人に企画を提案して仕事を取って執筆をすることもあります。

最近はブログを書いてその収益で生計を立てるプロブロガーなんかもいて、それらもフリーライターに分類されます。

フリーエンジニア

フリーエンジニアとは、大抵の場合ライターと同じように企業から依頼を受けてソフトウェアを作る(プログラミングをする)場合と、こちらもフリーエンジニア自ら提案をして仕事を取る場合もあります。

特別な技術が必要なので、収入も高い場合が多いです。

フリーイラストレーター

イラストレーターの場合、企業に所属せずフリーで活動している方が多いです。

雑誌や小説の挿絵、街のポスターなどニーズに合わせてイラストを描く仕事です。

このように、フリーランスと言っても沢山の業種があります。

次は、どの業種においても大切なことについて見ていきましょう!

フリーランスで成功する方法

フリーランスには沢山の業種があることがわかりました。

その沢山の業種の中でも共通して言えることがあります。

それは、「人にはない自分だけの技術を磨く時間が必要である」ということです。

自分だけが持っている技術と言うと、そんなのないんじゃないか、自分にはむりなのでは…?と思うこともあると思います。

しかし、時間をかければ得られる能力もあるのです。

まずはいきなり会社を辞めてフリーランスにならずに、少しずつ技術を身につけてから初めてフリーランスを始めるといいと思いますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめると、

・フリーランスとは自営業のこと。

・一言でフリーランスと言っても様々な業種がある!

・フリーランスで成功するには技術を磨く時間をかけること!

このような感じになりました。

新しい事を始めるには、大きな一歩が必要ですが、その一歩を踏み出したときに新しい扉が開きます。

是非、ネットビジネスにチャレンジしてみてくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA